フローリングのお部屋で実力を最大限に発揮するカーペット

ラグマット

コットンカーペットのメリットとデメリット

カーペットの種類の一つであるコットンカーペットには、次のようなメリット、デメリットがあります。まずメリットとしては天然素材の中でも比較的手ごろな価格で手に入れることが出来ます。コットンはシャツや下着、デニムといった衣類素材として幅広く使用されているため、生産されている量も多いからです。
また繊維の先端が丸みを帯びているので肌触りが良かったり、適度な弾力があり素材自体が柔らかいという性質があるので、素足で歩いてもとても心地よさを感じるカーペットとしての特徴を持っています。更に吸水性にも優れているので、汗をかきやすい夏場や湿気の多い梅雨の時期でも清潔な状態で使用することができます。加えて水分を吸収してくれるので、乾燥した冬場には静電気を起こしにくいという利点もあり、パチパチを気にせずに使うこともできます。
一方デメリットとしては、綿ホコリが出やすい性質を持っており、少しでも掃除をさぼると部屋がホコリまみれになってしまう可能性が高くなります。ホコリのアレルギーを持っている方は利用を控えた方が良いでしょう。また、肌触りはさらさらとしていて気持ちよいのですが、ふかふかとした柔らかさには欠けるので、ふかふか感を味わいたいという方にも適していないかもしれません。コットンカーペットにはこのようなメリットとデメリットがあります。

洗濯したカーペットを干すことについて

カーペットを洗濯した後は、浴室暖房乾燥機が自宅に備わっていれば、乾燥機を利用するのが最善となります。ただし、カーペットの素材によっては乾燥機を使用できない素材もあるので、乾燥機が使えるかを確認することが大切となります。また、カーペットを天日干しする時は、カーペットをベランダに移動させますが、脱水機をかけていないカーペットなら、大きめのレジャーシートで包んで移動させるのがポイントです。
なぜなら、カーペットを移動させる時に水がしたたり落ちなくなるので、部屋が濡れるのを防げるからです。そして、物干し竿にカーペットを干す時は、物干し竿に何本かハンガーをかけて覆いかぶせるようにA字に干します。カーペットが貼りついたようにならないので、風通しが良くなるので乾くが早まります。ちなみに、より早く乾かすなら、斜めにして干すとカーペットの隅っこに水が集まるので乾きやすくなります。この時、カーペット重みで落ちたり、風に飛ばされないようにするために布団はさみで止めます。
また、カーペットの全体が均一に乾くように、途中でカーペットを裏返したり、カーペットの上下左右を入れ替えるのもカーペットを早く乾かすコツとなります。しかし、カーペットの洗濯表示に陰干しの表示があるなら、陰干ししないとカーペットが変色することになります。洗濯した後のカーペットを干して乾かしたら、毛並みを逆立たせるようにブラシをかけることにより、毛触りの良いカーペットの状態に戻すことができます。

カーペットを使ってお子さんと快適生活を

近年、リビングがフローリングタイプになってている住まいは大変多いです。フローリングに敷物がないと、スッキリして見えますが、足が冷えたり床の傷の原因にもなったりします。カーペットを活用すれば、お部屋で快適に過ごすことができます。カーペットにはメリットが沢山!そんなカーペットのメリットについてお話しします。まず、小さな赤ちゃんやお子さんがいる家庭に嬉しいメリット。安全面において優れているということです。
ハイハイから立っちができる頃の小さな赤ちゃんは、まだうまく歩行が出来ないため、突然後ろにひっくり返ったり、転んだりしてしまうことが多々あります。そんな時でも、フローリングにカーペットを敷いておけば、カーペットがクッションの役割を果たしてくれ、危険から守ってくれるので、怪我防止にもなります。どのような素材でも良いですが、より高い安全性を求めるなら、ウレタンを使用したカーペットを選ぶといいでしょう。
次のメリットは、ホコリを吸収してくれる点です。フローリングというのは、とてもホコリが舞いやすい床です。特に小さなお子さんがいる家庭では、お子さんがバタバタとはしゃいだりしがち。そうなるとホコリも舞いやすくなってしまいます。カーペットの表面はホコリを吸収しやすくなっているので、お子さんがバタバタと走り回ってもホコリが舞い上がる心配がありません。カーペットの表面を掃除の際にしっかり掃除機で吸うというメンテナンスだけ忘れないようにしましょうね。


カーペットはびっくりカーペットでカーペットを探しましょう!おすすめのものを見つけることができます!

  • 子供のと一緒にラグのある生活

    現代の日本では、若い子育て世代ほどフローリングの家に住んでいる人が多いのではないでしょうか?おしゃれですし、お掃除がしやすいという利点もあります。しかし、小さい子供がいると困ったこともありますよね。床の冷たさや、固さ、物を落としたりして、傷や下の階への騒音など、ラグを上手に使うことで、改善できますよ。子供も気に入りそうな、かわいくて機能性のあるものが沢山出回っています。冬場でしたらキ…

  • ラグとカーペットの違いをご紹介

    最近インテリアとしてラグやカーペットを使ってオシャレなお部屋づくりをする人が多くなってきていますが、ラグとカーペットには違いがあります。大まかな違いとしては、カーペットは床に敷いて使う全てのものを指しますが、ラグはその中でも部分的に使われるものを指します。約3畳くらいの大きさのものをラグと呼びます。ちなみに、1畳にも満たないような小さなものはマットと呼ばれラグにはなりません。また、使…

  • ラグマットの様々な機能の種類

    最近のラグマットには様々な加工が施されることによって数多くの機能が備わっていますが、その代表的な機能として次のようなものが挙げられます。まずは防水機能です。表面に撥水加工が施されており、水を吸収しにくい効果があります。主にダイニング用のラグとして利用するのに適しています。次に防炎機能です。難燃、耐熱加工が施されることによって、燃えにくい、燃え広がりにくいといった効果があります。喫煙習…

  • 洗濯機オッケーなラグは手入れが楽

    使っていけば次第に汚れていくラグを簡単に手入れするためには、できるだけ洗濯機で洗えるタイプのラグを買うのがコツです。もしも洗濯機で洗えるタイプのラグなら、綺麗にするのに手間がほとんどかかりません。例えば、ネットにラグを入れてそのまま洗濯機で洗えるタイプのラグがありますので、それを買えば面倒な手入れの時間を大幅に短縮することができます。後は陰干しして自然に乾くのを待てば良かったりします…

見所一覧

2017年11月10日
洗濯機オッケーなラグは手入れが楽を更新。
2017年11月10日
ラグマットの様々な機能の種類を更新。
2017年11月10日
ラグとカーペットの違いをご紹介を更新。
2017年11月10日
子供のと一緒にラグのある生活を更新。